Inspire2(インスパイア)かphantom4PROでお悩みの方へ。数値には表れないスペックを徹底的比較してみた!【ドローン購入ガイド】

インスパイア1かphantom4でお悩みの方へ。数値には表れないスペックを徹底的比較してみた!【ドローン購入ガイド】

インスパイアとphantomって何が違うの?どこで選べばいいの?

商業用でドローンを使う場合、おそらく多くの方がphantomシリーズとInspire2(インスパイア)シリーズがその選択肢に入るのではないかと思います。

私も当然悩みましたが、「安全機能の充実」と「飛行時間が長い」あとは「価格」でphantom4を選びました。

そしてphantom4に関しては当サイトでも使用しているため、これまでたくさん説明してきました。

phantom4に関する記事はこちら

phantom4まとめ〜これを見ればすべてわかる〜

今までインスパイア1に対して、「プロ仕様の本格空撮モデル」と聞いいましたが、本当に細かい部分で何が違うのかわかりませんでした。

一見するスペックは、バッテリー時間に関しても、機能の安全性に関してもphantom4の方が上で、またカメラ機能も同じ4Kで特別な差は感じない。

これまで数字上やDJIのホームページに出てくる機能の差でしかその違いがわかりませんでしたが、実際にphantom4を使っていくうちに「あ〜、ここがこうなっているのね!」と気づいた部分がたくさんありました。

なので改めてインスパイア1について徹底的に調べて比較してみました。

Phantom4かインスパイア1でお悩みの方へ購入する際の参考になれば幸いです。

インスパイア最大の特徴は空撮のためのカメラが異なる

Inspire2最大のメリット①|カメラが交換できる

ズバリここ『カメラ性能の違い』です!

Phantom4Proのカメラは非常に優秀ではありますが、多様な現場撮影を考えると、ドローンと一体型ではどうしても撮影できる映像に限界があります。

注意点|X4SのレンズはほぼPhantom4Proと同じ!

Inspire2(インスパイア2)

Inspire2(インスパイア2)の購入方法にはいくつかあって、一番価格の安いプランでは『389000円』になっております。

この場合は、カメラはついておりません。

カメラが装着されるのは『スタンダードプラン』からになります。

Inspire2(インスパイア2)

 

この時のカメラは『X4S』というレンズになっており、性能的にはPhantom4Proとほぼ変わりません。

価格差は倍以上になります。

もしカメラや映像の知識や造形がなく、これからドローンを使って映像の世界に携わりたい方はあまりおすすめのできる価格ではないと思います。

プロフェッショナルな映像にはZemmus X5S がおすすめ

Inspire2(インスパイア2)

Inspire2(インスパイア2)専用のカメラを購入するときは、先のX4Sではなく、『X5S』を選択するようにしましょう。

X5Sはマイクロフォーサーズレンズを交換して使える上、『5.2K』『RAW』『ProRes』収録にも対応しております。

というかこちらのカメラを選ばないとわざわざInspire2(インスパイア2)にする意味がありません。

インスパイア2のメリット②|カメラが可変式で2オペで動かせる

phantom4とインスパイア1の最大の違いはなんといってもカメラを操作できるかの違いになります。

またカメラ専用のプロポもあり、カメラ用のオペレーターと2人体制で空撮に望めます。

この違いは空撮をする上でとても大きい差になります。

ドローンを実際に操縦するようになると分かりますが、カメラの目線を意識したドローンの操作はとてお難しいものです。

そのため本格的な空撮映像を撮影しようと思うと、どうしてもカメラだけで別のオペレーターがいた方が断然クオリティの高い映像が撮影できます。

【phantom4のメリット】バッテリーの持ち時間が長い

  • phantom4PRO:30分
  • インスパイア1:18分
  • Inspire2(インスパイア2):27分

インスパイア1はのちに紹介する機体重量が重いため、バッテリーの持ち時間が少し短いです。

機体の重量が重い分、当然バッテリーに負荷がかかります。

そのためPhantom4の方が長時間フライトさせることができます。

Inspire2(インスパイア2)では、2個同時にバッテリーを積載する必要があり、飛行時間が27分に延長されました。

【phantom4のメリット】安全性機能が高い

【phantom4】アクティブトラック操作方法完全マニュアル

phantom4には自動追尾機能であるアクティブトラックと自動障害物回避機能がついています。

Phantomシリーズの方が毎年のようにモデルチェンジをしており、DJI社の最新の機能を最も色濃く反映したモデルと言えるかもしれません。

【引き分け】カメラの性能はほとんど同じ

どちらも4Kカメラ仕様で性能にはほとんど差はありません。

【メリットデメリットあり】機体重量の差による安定性の違い

phantom4の重量は 1380g

インスパイア1の重量は 3400g

ドローンを購入するときに、機体の価格やバッテリーの持続時間、安全性などの確認はすると思いますが、あまり気にしないのが、この機体重量。

機体重量が重いと、風に対する安定感が全く変わってきます。

200g以下のホビードローンなんかは本当にびっくりするくらい風の影響を受けます。

phantomも重量が1380gと小型で軽量のため、風の影響は受けやすいです。

多少の風なら姿勢制御機能で安定した「空撮」映像を撮ることができますが、風の強さによってはどうしてもブレた映像になりやすいです。

そのため、本格的な空撮映像を撮ろうと思うと、機体重量が大きい方が安定した映像を撮ることができます。

しかし、インスパイア1の方が重いので、万が一落下したときには周囲への影響や機体へのダメージは大きくなるというデメリットや小回りの面では当然小さいphantom4に軍配が上がります。

【インスパイア1のメリット】プロペラが映り込むか否か

【2016年上半期版】予算で選ぶおすすめドローンはこれだ!【2016年上半期版】予算で選ぶおすすめドローンはこれだ!

インスパイア1は飛行時に足を図のように可変することができます。

これはプロペラ部分がカメラに映り込まないようにするためです。

当然phantom4も通常プロペラが映り込むことはありませんが、急な方向転換や風に煽られることによって不意にプロペラが写ってしまう可能性はあります。

もし本格的な映像作品を作るときにプロペラなどが写り込んでしまうとその映像は使えませんので、プロペラが絶対に写り込まない配慮は、「プロ仕様」の表れといってよいでしょう。

まとめ|私ならこの差で選ぶ

いかがでしたでしょうか?

単純なスペックだけでは分かり難いインスパイア1とphantom4の違いを紹介させていただきました。

個人的な見解にはなりますが、今現在私は「インスパイア1」は持っておらず、もしインスパイア1を購入するとしたら、映画などの多人数で映像制作に関わるときにインスパイア1の購入を検討すると思います。

どういうことかというと映画などで使う空撮映像の場合、人が映りそこで演技をしているわけです。

言ってみればドローンのカメラワークで「NG」になることは許されない現場です。

そんなときにうっかり「プロペラ」が写り込んでしまったら。

カメラの視点がずれていたら。

ではゆるされない話になってきます。

当然「カメラワーク専門」のオペレーターも必要になってくるでしょう。

そのため、多くの人が関わり、チームとして映像制作に臨む場合は「インスパイア1」の方が断然「プロ仕様」と言えるでしょう。

またプロ仕様の映像作品でも、このように景色だけを撮影するといった場合であれば、仮にプロペラが映り込むミスがあっても個人の責任で気の済むまで撮り直せばいいのです。

その場合はphantom4でも最高の映像を撮ることができるのです。

もう一度まとめますと

映画などの本格的な映像作品にも仕様する場合は「インスパイア1」

業務用でもちょっとした個の企業やPRに使う場合、またいくらでも撮り直しが効くような現場であれば「phantom4」で十分だと思います。

これ微妙なニュアンスですが、なんとなくこの差が伝わってくれればと思います。

価格の差、性能の差などでどちらの機体を選ぶべきか悩むところですが、この記事に参考になれば幸いです。

その他DJIドローンについては以下の記事をご覧ください。

補足動画|DJI社 インスパイア1 VS Phantom4



スポンサーリンク






インスパイア1かphantom4でお悩みの方へ。数値には表れないスペックを徹底的比較してみた!【ドローン購入ガイド】

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。