空中散歩|日本一わかりやすいドローン専門メディア

日本一わかりやすいドローン専門メディア

空撮テクニック

【ドローン操縦上達に役立つ】飛行記録をつける習慣を身につけましょう!

【ドローン操縦上達に役立つ】飛行記録をつける習慣を身につけましょう!

飛行記録つけてますか?

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

今回はドローンを飛行させた時に飛行記録をつける習慣のススメについてお話しします。

国土交通省に飛行許可申請をする時に必要な項目としてドローンの操縦時間が10時間以上という項目があります。

その時に飛行記録を添付したほうが当然国土交通省の職員の方から当然信頼もされやすいです。

ここで嘘のフライトログを提出しても結局本人のためにもなりませんので、実技訓練10時間程度はしっかり行いましょう。

訓練方法をシェアした記事も公開してますが、ドローンの操縦は10時間程度練習しただけではまだまだ甘いと実感しますよ。

ドローンの操縦技術上達に役立つ記事

余談|DJI製品の場合は自然とフライトログがつけられる

phantomシリーズで有名なDJIの場合はスマホのアプリ「DJI GO」にフライトさせた記録が自然と残るのでとても便利です。

IMG_2348

上図のように飛行した場所の地図と飛行時間、さらにどんなルートで飛行したか一目でわかるようになっています。

特にドローンを仕事したい人はフライトログをつけるべき!

ドローンの使用用途は人それぞれですが、ドローンには多くのビジネスチャンスが秘められており、ただ趣味で空撮するだけではなく、実際に仕事にも使おうと思っている方も多いんじゃないでしょうか?

特に飛行許可申請を出す方の多くは事業用の意識も高いと思います。

そこで3ヶ月の期間飛行許可が下りた時は、その報告を国土交通省にしなければなりません。

事業用で使うのであれば、いずれにしろしっかりとした記録をつける必要があります。

また飛行記録をしっかりつけることで「自分はドローンを仕事として使っているんだ。」と不思議な責任感が出てきますので、ドローンに対する意識と責任が高まります。(これは本当にそうです。)

そのため、ドローンの練習を始めた人は初めから飛行記録をつける癖をつけておいた方が何かとお得なのです。

ドローンを練習する時間は限られている。

ドローンを練習する時間はバッテリーの関係上どうしても限られてしまいます。

phantom4でいえば最大の飛行時間は28分です。

予備バッテリーを2つ持っていっても、1回の現場飛行でおおよそ60分〜75分程度になります。

phantom以外のドローンではさらに1回あたりのフライト時間は短くなります。

1度自宅に戻って再度充電し直してからまたフライトに臨めばその倍の時間1日で練習することができますが、そこまで時間あとれる人はほとんどいないと思います。

また飛行可能な場所まで移動するのに人によってはとても時間がかかる人もいると思います。

そのため1回1回の訓練がとても大切になります。

効率よく練習をするためにも飛行記録をつけることが大切になります。

そこで飛行時間やどんな訓練をしたのか記録をつけることで今の自分に何が足りてないのか、今後どのような練習をすべきか課題が見えてきます。

こうして記録をつけることで無意識化でも自分にあった効率の良い練習法を身につけることができるのです。

ドローンを練習する時間は限られていますので1回1回を大切にするためにも飛行記録をつけることはとてもおすすめな方法です。

ブログにするのもおすすめ

ドローンへっぽこ訓練日記 2016年7月14日

最近私も始めましたが、「へっぽこドローン訓練日記」としてホームページ上に掲載することにしました。

もちろんこのサイトを見に来てくれた方と共有することも目的ですが、何より自分自身のために記録をつけるようにしています。

飛行記録をつけるにせよ、ブログ形式にするにせよ。あまり肩肘張りすぎると書くのが億劫になりますので、ゆる〜くつけるように意識してます。

どんな感じでフィードバックしていこうかはまだまだ模索中ですが、よい飛行記録の雛形ができればまた皆さんと共有できるものを提供できればとも考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドローンを飛行する上で飛行記録をつけると色々なメリットがあります。

はじめは面倒かもしれませんが、慣れると記録をつけないと落ち着かなくなります。

個人的にはブログにするのがおすすめです。

コツコツ続けていると必ず訪問者や読者ができますので、新しいドローン仲間が見つかるからです。

ぜひ飛行記録をつけることにもチャレンジしてみてくださいね〜!

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

東海空中散歩オンラインショップ|購入したドローンの予備バッテリーを1個プレゼント

東海空中散歩オンラインショップはDJI正規販売代理店です。 ただいまキャンペーン中で、ご購入のドローンに専用バッテリー1個をプレゼントさせていただいています。 Mavic PROは10584円相当の専用バッテリーを、phantom4Proであれば、20000円相当の大容量バッテリーをプレゼント!! 他にも、東海空中散歩ならではのサービスあり!
東海空中散歩オンラインショップ|購入したドローンの予備バッテリーを1個プレゼント

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

コメントする。

*
*
* (公開されません)