DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

航空法・飛行許可申請

ドローンが操縦できない条件【天候・場所・法律】とは。

ドローンが操縦できない条件【天候・場所・法律】とは。

ドローンは機体の特性上、天候や場所など様々な制限を受けます。

ここでは、ドローンを飛ばせない様々な条件についてお話しします。

ドローンが操縦できない天候

ドローンが操縦できない条件【天候・場所・法律】とは。

・小雨を含めた雨天の時
➡︎ドローンは精密機械であるため、少しん雨でも故障する可能性があります。

・風速5m/s以上の時
➡︎強風ではドローンが揺れてうまく撮影ができない上、墜落の危険性があります。

ドローンが操縦できない場所

ドローンが操縦できない条件【天候・場所・法律】とは。

電波障害を受ける可能性が高い場所
➡︎電波障害が起こると、プロポ(コントローラー)とドローンの接続が切れてしまい、コントロールが不可能になる恐れがあります。一般的に鉄塔や鉄橋など大きな金属の塊はドローンとプロポの接続を妨害する可能性があります。

電波障害が起きやすい場所

・高圧線から300m以内
・変電所から300m以内
・携帯基地局や電波塔などを発信している場所
・工場近く
・WiFiの電波が混線している場所
・ワイヤレスマイクや携帯無線などを多数使用している会場
・住宅密集地

➡︎DID地域で例え、国土交通省の許可を受けていても、民家の上空は民家の所有地になりますので、許可が必要になります。
またドローンを使用することで、気づかずに他人のプライバシーを侵害してしまうおそれがありますので、空撮することはできません。

ドローンを飛行させてはいけない場所

ドローンが操縦できない条件【天候・場所・法律】とは。

・電線が密集している場所
・交通量の多い道路
・鉄道など公共の交通機関付近
・イベント含む人の往来が多い場所

➡︎万が一電線にドローンが接触してしまうと、近隣住民・電力会社に多大な迷惑と膨大な損害を発生させてしまいます。

ドローンに関する法律

大変だけど、ドローンの飛行許可の申請を自力で取る方法【保存版】

ドローンを飛行させる上で、切り離せないのが、国土交通省の「航空法」です。
また航空法以外にも様々な法律が関わってきます。詳細は以下の記事を参考にしてください。

・結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】

・【電波法・道路交通法・迷惑防止条例・公園条例・重要文化財保護法】航空法だけではない!ドローンを取り巻く法律関係について知っておこう!

大変だけど、ドローンの飛行許可の申請を自力で取る方法【保存版】

まとめ

ドローンはGPSの信号を受信しながら現在地などを特定しているため、電波の障害を受ける場所や航空法にも定められておりますが、第三者の上空などを飛ばすこともできません。

近年ドローンが日本に導入されたことで、法律関係も日々変わっております。

東海空中散歩でも常に最新の情報をお届けすることを心がけておりますが、しっかり確認をとった上で飛行させることをお勧めします。

またドローンは常に「墜落」の可能性があるという前提を元に安全には十分すぎるほど注意して飛行させましょう。

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)使用機材〜DJI社phantom4&Mavic PRO(マビック プロ)〜

コメントする。

*
*
* (公開されません)