DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

ドローン入門

ドローンの操縦上達には200g以下のホビードローンがおすすめな2つの理由。

ドローンの操縦上達には200g以下のホビードローンがおすすめな2つの理由。

ドローンには操縦技術の訓練が必要!

ドローンは「操縦が簡単」と思われがちです。

確かにPhantom4などある程度の商業用ドローンを操縦したことがある人はお分かりだと思いますが、ドローンを飛ばすことなら誰でもできます。

ドローン本体・プロペラやプロポなど取り扱いに気をつけなければならないことがたくさんあります。

そのためにドローンの操縦技術を日々向上させていく必要があります。

その先に「美しい空撮写真を撮りたい」「事業用にドローンを活用したい」など目的がある場合には、そのための訓練が必要になります。

今回はそんなドローンの操縦技術の上達について、商業用ドローンよりも200g以下のホビードローンの方がおすすめな点をいくつかご紹介します。

その1:ホビードローンの方が商業用ドローンよりも操縦が難しい!

Phantom4などの商用ドローンよりも、ホビードローンの方が操縦は難しいです。

これは実際に操縦してもらえれば分かります。

断然難しいです。

これは商業用ドローンとホビードローンの境目にもなるのですが、

・自律して飛ぶことができるか?

・重量200g以下(これは後に解説します。)

がその境となるのです。

ホビードローンには自律してホバリングする機能はなく、商業用であれば、一度浮かしてしまえば、自動的に空中で停止している操作もホビードローンであれば、常にコントローラーで操作し続けていなければなりません。

そしてこのその場で「ホバリング」をさせ続けるが結構難しいのです。

ホビードローンで1回も落とさずにドローンをとばし続けることをはじめの目標にしましょう。

その2:ホビードローンの方が法律の制限が少なく、練習できる場所や条件がとてもゆるい

STICK MODE1

200g未満のホビードローンであれば、航空法に定められる「ドローン」に当てはまらないため、特に法律の制限を受けることなくドローンを飛ばすことができます。
(200g以下はおもちゃとみなされるみたいです)

これはすごいメリットで、重量200g以上のドローンであればその練習場所を探すのも一苦労なのです。

特に初心者は知識も経験もないので何が正解で何が間違いないかわからなくなります。

そしてついうっかりでも飛ばしてはいけないドローンをと飛ばしてはいけない場所で飛ばすと「処罰」の対象になってしまいます。

知らなかったでは済まされません。

ホビードローンであれば、少し広めの公園で人通りが少ない時間を狙えば十分に練習ができます。

ただし、いくら法律などの制限がないといってもドローンは空を飛び、またホビードローンは簡単に墜落しますので、第三者には決して迷惑がかからないよう練習をしましょう!

また東京や大阪などの公園の場合、200g以下でもドローンの飛行が禁止されている場所もあります。

ドローンが禁止というより、「飛行物」そのものが公園の条例に引っかかっている場合がありますので、その場所で飛ばせるかはしっかりと確認しましょう。

まとめ

当サイトでも初めの1台はいきなり10万円以上もする商業用ではなく、ホビードローンをおすすめしておりますが、初めにドローンを気軽に触れる環境や操作に癖のある機体で技術を向上させてからの方が、商業用ドローンに移った時にかなり安定してドローンを操作することができます。

わたしの体験談ですが、はじめはHoly Stone社のホビードローンで操作した時は、かなり操縦や設定に手を焼きましたが、Phantom4を購入した時の操作性にはとても感動しました。

個人的にはPhantom4などの上位種よりも一度ホビードローンでしっかり練習を積んでからの方がしっかりとしたドローン操縦の基礎が身につくものだと思います。

200g以下のドローンで1万円程度で買える機体をまとめました。

参考記事:初めてのドローンは法規制外200g未満の1万円前後がおすすめ|機能と値段で比較してみた!

Phantom4の操縦上達訓練には

冒頭でもDJI社Phantomシリーズは誰でも簡単に操縦できるといいましたが、これも本当に操縦技術を高めようと思うとかなりの練習が必要になります。

ただ闇雲に練習しても、効率が悪くなってしまいます。

こちらにPhantom4など商業用ドローンのおすすめ練習法を書きましたので、よかったら参考にしてください。

参考記事脱初心者!ドローン操縦が劇的に上達する訓練マニュアル【保存版】

航空法などドローンを取り巻く法律に関して知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

参考記事結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】

 

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)使用機材〜DJI社phantom4&Mavic PRO(マビック プロ)〜

コメントする。

*
*
* (公開されません)