DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

ドローン入門

ドローン講習会|全国で行われている講習会をまとめてみた。【2016年版】

ドローン講習会|全国で行われている講習会をまとめてみた。【2016年版】

ドローンの講習会は受けるべき!

ドローンは2016年現在、社会に普及し始め、興味を持つ人が増え始めました。

スマートフォンの技術とパーツを転用しているため、おもちゃのドローンであれば5000円程度、phantom4のような一般から業務用に使える機体ですら200000円以下と大変お値打ちに購入することができます。

しかし、ドローンの手軽さと便利さは同時に同様の「リスク」も秘めております。

首相官邸のドローン落下事件を始め、操縦者側に正しい「知識」と「技術」そして「心構え」が求められます。

私自身も気軽な気持ちでこの「東海空中散歩」のホームページをはじめ、phantom4などの機体を購入して、操縦しておりましたが、やはりドローンに関われば関わるほど、操縦者側にかかる「責任」というものが重くなるということを実感しております。

昨年の首相官邸でのドローン墜落事故や花火大会でどこかしらでドローンを無許可で飛ばして、逮捕者が出ているなど世間のドローンに対するイメージもよくありませんので、なおさらクリーンに心がけていかねばと感じております。

ドローンに携わる以上、自分のスキルや知識を高めるために「講習会」を活用することはとても大切なことだと思います。

今回は「講習会」を受けるメリットと、全国で行われている講習会の内容や場所などをご紹介します。

ドローン講習会の受講メリット

・航空法など正しい知識を学ぶことができる。
➡︎法律関係や本当にドローンを飛ばしていい場所を見つけるのって、本当に1からでは大変です。
法律や書面のままでは疑問なポイントも、ドローンの先輩に確認することで微妙に融通が利くポイントとか疑問が解決します。

・本当に正しい基本操縦技術を身につけることができる。
➡︎我流ではかなり個人差ができそうです。

・ドローン仲間ができる。
➡︎これも結構なメリットではないでしょうか。

ドローン講習のデメリット

・費用がかかる。

➡︎1日の研修だけでも50000円〜以上のところがほとんどです。

数日の合宿では20万円以上の費用がかかる場所も多くあります。

・目的を明確にして講習に臨まねば、ただのいいお客さんで終わってします。

➡︎わたし自身、起業して商売をしておりますのでよくわかりますが、この講習会を受講すれば、ドローンの仕事にありつけるんじゃないか?という甘え考えや依存心では、まず何の成果も得られません。

実際、わたし自身の元に、「どのドローンの講習会を受講したら、仕事に繋がるんでしょうか?」というお問い合わせをいただきましたが、まずこのマインドではドローンを仕事にすることは無理でしょう。

それなりに講習には費用がかかるため、受講する本人がドローンを活用して「何をしたいのか?」ということを明確にしておかねば、高い時間と貴重なお金をつぎ込むだけで終わってしまうことでしょう。

では次に実際にドローンの講習会を実施している団体とその内容をお伝えします。


DJI世紀代理店|株式会社SEKIDOセキド

ドローン講習会|全国で行われている講習会をまとめてみた。【2016年版】

phantomで有名なDJI社の正規代理店で有名な株式会社SEKIDOの講習会をご紹介します。

ドローン関係の書籍も出してますね。日本でも有数の会社なので行っている講習会も無料から有料までいくつかあります。

DJI CAMP|企業向けのドローン操縦者プログラム

場所:横浜市金沢区産業振興センター(ドローンフィールド)

実施は毎月2日間にわたって行う。

7月は7・8日の2日間

8月は11日・12日の2日間

こんな感じで月に1度講習を実施しています。

内容|DJIスペシャリストを目指す。

2日間で座学と実技

・1日目:座学オンリー
・2日目:筆記試験・飛行技能試験

受講条件

・法人・個人事業主
・ドローンの飛行時間10時間以上
・DJIのドローンを持っている人

費用

・60000円(セキドでドローンを買った人)
・80000円(セキドでドローンを買ってない人)

認定書発行費用

・20000円(合格すると認定書発行にお金がかかります。なぜ合格してさらに金を取る?(⌒-⌒; ))

テキスト

・DJI CAMP技能資格


これアマゾンでも売ってます。

まだ私は購入してないですが、買ってみようと思ってます。

まあ講習と合わせると合計80000円近くかかりそうです。税抜き価格なので

正式には86400円かかります(⌒-⌒; )

資格ビジネスでもあるので、事前に訓練して2日間一生懸命やれば、よほどか認定書がもらえると思います。

初心者講習会|毎週水・金定期実施

DJIインストラクターがドローン初心者を対象に行っている講習です。

お客様自身でドローン本体の持ち込みが必須です。

内容|3時間の座学で基礎知識とメンテナンス方法
基礎知識編

・ドローンで知るべき法律や制度
・ドローンを扱う上での注意点
・バッテリーの使用法や注意点
・ドローンを飛ばす上での注意点
・ドローンを墜落させないためには
・アプリの使用方法

メンテナンス編

・コンパスキャリブレーション方法
・ジオフェンス設定
・ホームポイントの設定
・操作方法の設定変更
質疑応答

といった内容になります。

実技で操縦テクニックを学ぶというよりは本当に初歩の初歩の法律関係の知識とドローン自体で必要な昨日の設定を学ぶといっった感じでしょうか。

安全フライト テクニカル講習会

なんだか噛みそうな名前の講習会です(⌒-⌒; )

ホームページに掲載されてましたが、現在は講習会の受付をしてないとのこと。(2016年7月現在)

また再開するかもしれません。

DJI New Pilot Experience|phantom4試乗会

こちらは無料のイベントになります。

phantom4が欲しい方のためのドローンの講義とフライトの体験ができるといった感じです。

まあ車の試乗会みたいな感じですね。

そして無料ですが、受けたらphantomを買わなければいけない雰囲気になるかも(⌒-⌒; )

時間:2時間半
実施日:かなりの頻度で行ってます。

株式会社セキド
場所:横浜市金沢区産業振興センター(ドローンフィールド)
ホームページ:http://sekidocorp.com/

セキドで行われている講習会の映像はこんな感じになります。

他にもキャンプイベントもしているみたいです。ドローンキャンプ面白そうですね。


JUIDA|一般社団法人日本UAS産業振興協議会

ドローン講習会|全国で行われている講習会をまとめてみた。【2016年版】ドローン操縦士養成コース

このコースを受講することで、JUIDA「操縦技能証明証」の取得をすることができます。

あくまでのこの資格は、国家資格ではなく、民間企業より認定された資格という形になります。

費用は「35万円」で

ドローンビジネスの実務において、運航管理責任者及びパイロットに求められる運用に関する知識や利活用に関する実技(操縦・撮影・編集・プログラミング)を習得することができます。

定期的にこの養成コースを行っておりますので、気になる方は一度無料説明会に参加されてもいいんじゃないかと思います。

あくまで「ドローンを商売として見る」視点で語りますと、この「認定スクール」側になるとドローンの「資格ビジネス」としてかなりいい仕事になるのかなと思います。

またJUIDAでは会員制度もあります。

ドローン講習会|全国で行われている講習会をまとめてみた。【2016年版】

会員になることで以下のメリットがあります。

1.すべての会員は、本協議会が発行するニュースレターを購読することができます。
2.すべての会員は、本協議会が主催するセミナー・講演会・講習会等の参加費の割引を受けることができます。
3.正会員は、本協議会の総会に出席し、議決に参加することができます。
4.正会員は、本協議会が設置するすべての委員会・研究会等に参加することができます。
5.賛助会員は、本協議会が設置する一部の委員会・研究会等に参加することができます。

引用:JUIDAホームページより

ポラリスエクスポート|名古屋のラジコン会社

ドローン講習会|全国で行われている講習会をまとめてみた。【2016年版】

ドローンやラジコン・玩具を取り扱っている会社になります。

地元でドローンを扱うところがまだ少ないため、とてもありがたい存在です。

イベントはドローンだけでなく、RCラジコンなども行っております。

内容もまちまちなのでよかったらチェックしてみてください。

私も次名古屋へ行くときはお店に顔を出してみようと思います。

会社名:ポラリスエクスポート
ホームページ:http://www.polaris-export.com/news/event
場所;〒460-11 名古屋市中区大須3-27-25


ドローン検定|ドローンの英検みたいな感じ【座学メイン】

ドローン講習会|全国で行われている講習会をまとめてみた。【2016年版】

ドローン検定協会株式会社によるドローンについて必要な知識を検定という形で取得できます。

以前「ドローンのオススメ本5選」でもこちらのドローン検定協会 公式BOOKという書籍を紹介させていただきましたが、ドローンの法律や飛行メカニズム、キャリブレーションなど必要な知識が学べる良書でした。

別に検定を受けずとも、ドローンユーザーは3級の書籍は購入して、勉強しておくべきだと思います。

愛知県でもドローン検定を行っているので、日程が合えば試験を受けたいと思います。

実施場所:北海道・青森・宮城・石川・山梨・埼玉・東京・愛知・大阪・高知・広島・福岡・長崎・大分・鹿児島・宮崎・沖縄

➡︎全国各地で実施しているのがありがたいですね。

愛知県でも行われているのでうれしい限りです。

受験料

・ドローン検定2級:12000円
・ドローン検定3級:5500円
・ドローン検定4級:3000円

1級がないのはまだ若い検定で、受験者も2級行くか行かないかの人ばかりだからだと思います。

3級の本で勉強する限り4級の試験は受けずにいきなり3級を受験すべきだと思います。

また試験に合格することで、国土交通省に飛行許可申請をする際に必要な

「無人航空機に関する飛行経歴・知識・能力を有する証明」の一部を「認」してくれるみたいです。

 ドローン講習会|全国で行われている講習会をまとめてみた。【2016年版】

まあこの検定で「認可」などもらわなくても自分で「飛行許可申請」など証明することはできるのですが・・・(⌒-⌒; )
(さっきからちょいちょいdisってしまいます(⌒-⌒; ))

詳細はこちら!
ドローン検定
ホームページ:https://drone-kentei.com/index.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

検定など「座学」的な検定は比較的広く行っておりますが、まだまだ「実技」などの部分では、ほとんど大手のセキドさんがやっているのがメインで場所も限られてしまってます。

実技系はどちらかというとこれまでのラジコンヘリなどを主に行っていた全国の業者さんが「ドローン」に関しても講習やイベント・大会を行ってくれるかもしれませんね。

なにか面白いイベントや講習があれば是非ぜひ教えてくださいね〜!(特に東海三県の情報が欲しいいです。)

すぐに講習は受けることができなくても、市販の書籍でけっこう勉強できますので、とりあえず手軽な本で学んでみることもおすすめですよ〜!


The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)使用機材〜DJI社phantom4&Mavic PRO(マビック プロ)〜

コメントする。

*
*
* (公開されません)