【ドローンビジネス】Amazon宅配サービス|物流分野の課題は規制と技術

【活用法】IT✖️ドローンで日本の農業界が世界を牽引するビジネスモデルを構築するか!?

ドローンを活用して、注文した商品が迅速に空から送られてくるとしたら、それは新しい未来の形になります。

通販業界世界最強のAmazonが2013年に「プライムエア」サービスを発表しました。

GPSを活用した自立飛行が可能なドローンは指定したポイントまで、定められたルートで飛行することが可能であるため、「宅配」という分野でとても注目を集めております。

現在でも、注文した翌日には届くという尋常ではないスピードで革命を起こしているAmazonですが、日本で「プライムエア」のサービスが行われれば、その日中、下手をしたら1時間程度で注文した商品が送られてくる可能性だってあり得ます。

また「ドミノピザ」でもドローンによる宅配ピザも計画されているとのこと。

【ドローンビジネス】Amazon宅配サービス|物流分野の課題は規制と技術

ドローンを活用することで、信号や交通渋滞など地上の制限にとらわれず、迅速かつ確実に配送されることが期待されています。

しかし、ドローンによる配送サービスにも大きな課題があります。

法規制の壁

FAAにより、Amazonに対し、試験飛行の認可は与えられていますが、以前立ちふさがるのは、

・ドローンによるフライトは操縦者の目の届く範囲
・商品の落下は認めない
・人の上空を飛行することを禁止する

といった規制があります。

肝心の人口密集地でそれらの壁が立ち塞がれば、配送はとても困難になります。

それらを解決するには、ドローンの安全性・自立飛行の進化・システムの構築などが必要になってくるのかなと思います。。

まとめ

【ドローンビジネス】Amazon宅配サービス|物流分野の課題は規制と技術

まだまだ「配送サービス」に関しては法律的にも技術的にも大きな壁がありますが、これが実現されるようになると、スターウォーズなどのSF映画で見たような未来、世界を変えるような可能性を秘めております。

ここまで技術革新が進むと少し怖い気がしますが、世界に人がいる以上、どんどん新しい技術が開発され、新しい世界が切り開かれていくことになるでしょう!

 



スポンサーリンク






【活用法】IT✖️ドローンで日本の農業界が世界を牽引するビジネスモデルを構築するか!?

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。