日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローン撮影テクニック|大自然を空撮する時は移動撮影で開放感を演出!

 
【ドローン空撮テクニック】大自然を撮影する時は、移動撮影で開放感を演出せよ!
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローン撮影テクニック|雄大な大自然を撮影!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

ドローンで空撮する映像はそれだけで十分な絵になります。

しかし、ドローンの性能を駆使すると、さらに印象的な映像を撮影することが可能になります。

対象物を乗り越えるように、撮影すべし!

【ドローン空撮テクニック】大自然を撮影する時は、移動撮影で開放感を演出せよ!

コツとして、はじめは人目線くらいの高さからのスタートがいいです。

【ドローン空撮テクニック】大自然を撮影する時は、移動撮影で開放感を演出せよ!
動画を見てもらえれば分かりますが、いきなりドローンを浮上させることなく、ゆっくりなめらかに上昇させるのがコツ!

【ドローン空撮テクニック】大自然を撮影する時は、移動撮影で開放感を演出せよ!

少しずつ障害物がなくなり、空まで浮上!

【ドローン空撮テクニック】大自然を撮影する時は、移動撮影で開放感を演出せよ!

ここで見る人の心をつかむ「開放感」が一気に広がります。

画像&映像引用:Fly around the world

ふじこ

ドローンで世界一周憧れる♪

吉武

日本でも夫婦でドローン世界一周した夫婦が話題になりましたね。

海など水面すれすれを撮影する時は注意が必要!

ドローンで低空飛行

水辺を撮影する時はドローンの角度にも注意しましょう。

特に高速で水辺を『サー!』と走る映像は迫力ありますが、機体はその分傾くことになります。

そのため、水没のリスクが高まるため、そのことも計算に入れて飛ばしましょう。

吉武

DJIのドローンはビジョンポジショニングといって画像認識しています。水面の場合はビジョンポジショニングが正確に働かない場合があります。

はじめは余裕を持った高さから飛行して感覚をつかんでからギリギリを攻めてみるといいかもしれませんね。

海辺の離れた位置から本土まで一気に近づく映像は爽やかで迫力があります。

ハワイでドローン空撮

ドローンを使用して花火大会の撮影

花火大会をドローンで撮影するとこんな感じ。

とんでもなく迫力ありますね〜!

なんでドローンが打ち落とされないか不思議です。

ただ、毎年無許可でドローンを飛行させて逮捕者などが出ているケースもありますので、運用には十分に注意してください。

DRONE WALKERのおすすめ記事

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2016 All Rights Reserved.