【ドローン空撮テクニック】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

【ドローン空撮テクニック】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

今回は2つの空撮テクニックをご紹介します。

まずはこちらの動画をご覧ください。

ドローン空撮|洋上で人物のよりから接近

撮影ポイントを決めて、対象物が来るのを待ち構えてとるべし!!

これはドローンならではの水上から撮影した映像です。

ドローンによる空撮は人がいけない場所でも撮影できるメリットがあります。

今回のような海上でもホバリングをさせておけば大丈夫ですし、またカーレースなど猛スピードで向かってくる映像を待ち構えて撮影することもできます。

動画のようにこちらに向かってくる漁船をホバリングで待ち構えておきます。

まずは撮影に適したポイントさえ定めておけば、対象物の接近とともにドローンを移動させれば大丈夫です。

まっすぐ上昇し、対象物を一点とらえ続けておくことでひとつの映像にストーリーが生まれる。

動画後半、漁船が前方の島に向かっていく様子をドローンはその場から上昇していくことで映像を捉えています。

遠ざかる被写体の映像は、ストーリーの終わりもしくは始まりを連想させてくれます。

そこにドローンならではの「上昇」という動きを加えることでそのストーリー性はぐっと印象を増します。

ひとつの映像作品としては「エンディング」などに使えるかもしれません。

コツとしては被写体をとらえ続け、ゆっくりドローンを浮上させること。

その時に「ズームはしないでください。」

カメラを固定して撮影することで、奥行きのある構図が生まれ、より印象的な仕上がりになります。

改めて解説

【ドローン空撮入門】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

ドローンをホバリングさせ、対象物の接近をまちます。

【ドローン空撮入門】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

徐々に迫ってきます。

【ドローン空撮入門】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

顔が見えるほど接近。

一人一人の顔や表情・年齢などから見た人が思い思いにイメージを始めます。

【ドローン空撮入門】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

そこから旋回

【ドローン空撮入門】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

とあるポイントから漁船を追うことをやめ、奥の島との構図を作り出します。

【ドローン空撮入門】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

そこからゆっくりドローンを上昇させます。

【ドローン空撮入門】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

奥の島へ向かう漁船をとらえた映像ができました。

途中人物の表情もとらえてますので、この短い時間でもそれぞれ物語を思い浮かべたのではないでしょうか?

さらにワンポイント|上昇は一定を保ちましょう!

ドローンの上昇速度には機体の性能の差はありますが、ムラがあります。

もしムラが出てしまうと、映像の性質上、ストーリーが生まれにくいです。

以外と人の意識は無意識にそのようなカメラワークを「不純物」としてとらえてしまいます。

そのため、コントローラのスティックを熟練して、一定のスピードで浮上&移動させられるように練習しましょう。

コツは指に力を入れずに、かる〜く倒した状態を保持すれば大丈夫です。

 



スポンサーリンク






【ドローン空撮テクニック】対象物の接近を待ち、そして上昇することでストーリー性を出す技術。

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

2 件のコメント

  • まさにエンディングロールが流れてきそうな映像ですね。

    ところで、個人的には、揺れる船の上での離着陸をどのようにされているのかご教示願いたいです。

    私が空撮したい被写体の一つにクジラやイルカがいますが、船上は移動するのでホームポイントも変わってしまうし、かなり難しいテクニックが要求されるような気がします。

    お時間のあるときにでもよろしくお願いします。

    • かたしとほみ様 コメントありがとうございます!

      揺れる船の場合、『ハンドキャッチ』がおすすめですよー!

      Phantom4Proであれば、基底部のハンドル部分を持てば容易に実施できます。

      Mavic PROでも可能ですが、練習が必要なので、船上など不安定な場所はPhantom4シリーズがおすすめです。

      私の場合であれば、動く船上からはフライトせず、止まっている時を狙って撮影したいと思います。

      【phantom4】ハンドキャッチで着陸してみよう!:https://drone-aerial-corps.com/2016/07/20/hand-katch/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。