ドローン入門

【必読】ドローンを墜落させないための必要な知識を学びましょう!

【必読】ドローンを墜落させないための必要な知識を学びましょう!

現在ドローンの普及に伴って誰でも「気軽に」「安価に」ドローンを触ることができます。

しかしドローンは空を飛び、それに伴い、必ず「墜落」のリスクをはらんでいます。

ここではドローンを飛行させる上で「墜落」させないための必要最低限の知識をご紹介します。

電子コンパスの仕組みを理解しましょう!

ドローンの内部はスマートフォンと非常に似た構造をしています。

そして皆が持っているスマートフォンですが、GPSや電子コンパスの仕組みを理解していない人がほとんどです。

スマホを触っている時にたまに電子コンパスを補正するよう求められることがあります。

しかし、その作業はどこで行ってもいいわけではありません。

電子コンパスはあくまでコンパスなので車など大きな鉄の塊の近くでは行ってはいけないのです。

最低5m以上は離れて作業すべきです。

スマホが示す「北」は北ではなく「磁北」になります。

地球は地軸が少し傾いていて、「真北」と「磁北」は異なります。

これを理解していないと、正しいスマホの方位を理解してないことになります。

コンパスキャリブレーションを実行する

ドローンの場合は「コンパス・キャリブレーション」が必要になります。

スマホと同じく、ドローンにも「北」を教える必要があります。

「コンパス・キャリブレーション」は毎回設定を行う必要はありませんが、飛行機・船など大きな金属の近くに長時間置いた場合は必ず
設定しておく必要があります。

そして当然のことながら「コンパス・キャリブレーション」は車や鉄橋・鉄塔など金属の近くで行ってはいけません。

不適切な場所でコンパス・キャリブレーションを行うと、上空で誤った方位を認識してしまうと、間違った方向へドローンが飛んでしまう可能性がありますし、最悪墜落の可能性もあります。

そしてこの時に機械の「電子コンパス」や「キャリブレーション」の仕組みを理解していないと、「なぜアクシデントが起こったのか?」その原因にすら気づかない可能性があります。

GPSの機能を理解しましょう

【必読】ドローンを墜落させないための最低限の知識を学びましょう!

これもスマートフォンに搭載されている機能でほとんどの人が理解してないと思われる機能です。

このGPSですが、果たしてどこから来ているものでしょうか?

GPSとは通称「グローバル・ポジショニング・システム」と呼ばれています。

GPSとは、人工衛星を利用して自分が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステム。米軍の軍事技術の一つで、地球周回軌道に30基程度配置された人工衛星が発信する電波を利用し、受信機の緯度・経度・高度などを数cmから数十mの誤差で割り出すことができる。(参考記事:http://e-words.jp/w/GPS.html

現在、世界中には70基以上の人工衛星が飛んでおり、その大半はアメリカ・中国・ロシアのものです。

人工衛星には時計を内蔵しており、その時計電波を数方向から取得して、時差などから正確な現在地を割り出す仕組みをGPSと呼びます。

その中でスマートフォンやドローンも受信しております。

そしてGPSの多くは赤道付近を飛んでおります。

そのため日本で言えば、北海道より沖縄のほうが赤道に近くよりGPSを捕まえやすいということになります。

注意
スマートフォンのGPSは実際には携帯アンテナの基地局も離党して、居場所を割り出している。
この感覚でいるとGPSはどこでもキャッチできるものと思い込む可能性があります。
ドローンと携帯電話のGPSは別物と考えておきましょう。

バッテリーについて

山など標高の高い場所に行くと気圧は低くなります。

気圧が低くなるとその分、重力に逆らうことになり、ドローンに負担がかかります。

そのため、普段平地でドローンを飛ばす時より、負担が大きくなり、バッテリーの持ちが悪くなります。

そのため、山などの高地で飛ばす時は、いつもの感覚であと5分は持つはず!などと考えているといつの間にかバッテリーがなくなり、墜落する危険性があります。

またバッテリーは気温にも影響を受け、とりわけ「寒さに弱い」です。

季節が冬だったり、気温の低い場所に行く時は、バッテリーを「温めておく」必要があります。

使い捨てカイロだけでなく、クーラーボックスやバッテリーボックスなどを用意して徹底的に温める必要があるシチュエーションもあります。

さらにバッテリー残量も残量が少なくなればなるほど、急速に減っていくものです。

残量は余裕を持って「30%」の時点で帰還させることをお勧めします。

お使いの「スマートフォン」がまだ残量あるかなと思っていても、急に電源が落ちたり、急速にバッテリーが減った経験て今までありますよね?

それと同じものです。

しかし、ドローンの場合は空に飛んでいるため、墜落などの「大事故」につながる場合がありますので、十分に注意しなければなりません。

冬のバッテリーには保温管理が重要

まとめ|「ドローンは落ちるもの」その前提で行動すべし!

現在、ドローンの急速な普及によって、誰でもドローンを購入&操縦することができます。

しかし、ドローンは空に飛ぶもの。そして空に飛んでいる以上、「墜落」するリスクは常につきまといます。

基本的にドローンが「墜落」する原因のほとんどは「人間側」の操作や認識不足によるものがほとんどです。

気軽な存在になったからこそ、大切なメンテナンスや知識技術がおろそかになりがちです。

あまり「頭でっかち」になりすぎても面白くないと思いますが、必要最低限の知識と技術・メンテナンスを行うことこそだと思います。

今回紹介したのはその一例ですので、ドローンを購入された方は常々「教訓」にしていただければと思います。

ドローンオーナーの心得3か条|危険と魅力は隣合わせ・安全第一を心がけるべし!

その1|人に危害を加えないこと

高速回転する羽をもち、また上空100m近い高さまで飛行することができるドローン
落下や接触などで人を傷つける可能性があることを重々承知してください。

その2|公共・社会に損害を与えないこと

航空機や自動車、道路、建築物など社会のインフラ設備を担う場所でドローンを飛ばし、業務妨害をしてしまうと、最悪の場合損害倍賞や刑罰の対象になります。

その3|人の財産や権利を侵害しないこと

ドローンは空撮できることでその分広範囲を撮影できます。

そのため、知らず知らずのうちに他人の私有地やプライバシーを侵害する可能性があることを心がけましょう。

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。